酔眼読書漂流記

読んだ本の紹介と感想などを、酒を片手にゴソゴソと綴っております

伊坂幸太郎

首折り男のための協奏曲/伊坂幸太郎

久しぶりの伊坂幸太郎作品です。もともとは、バラバラに発表された7つの短編。それが一冊にまとまり、並べてみると、あら不思議。連作短編集として仕上がっています。どれも独立したお話なんですが、微妙にリンクして、全体でひとつの物語を紡ぎだす。このさ…