読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔眼読書漂流記

読んだ本の紹介と感想などを、酒を片手にゴソゴソと綴っております

満願/米澤穂信

米澤穂信を読むのは、「追想五断章」以来。その時も感じたが、なんとも枯れた文を書く人である。知らず昭和時代の作家のもの、と言われれば信じそうだ。 どれもビターなテイストの6編。謎解きのおもしろさと言うよりも、真相が分かることで見えてくる人の持…