酔眼読書漂流記

読んだ本の紹介と感想などを、酒を片手にゴソゴソと綴っております

ハルさん/藤野恵美

父であるハルさんと娘のふうちゃん。母親の瑠璃子はふうちゃんが生まれて直ぐに亡くなり、以来親子ふたりだけの生活に。今日は、ふうちゃんの結婚式。式の当日に、ハルさんはふうちゃんとの思い出を振り返ります。

日常の謎系のミステリです。けれど、ミステリの度合いとしてはかなり薄めです。これは、日々成長していく娘に対する、父親の気持ちを綴った物語ですね。

幼稚園、小学校、中学校、高校、大学時代のの五つのエピソードにまつわる小さな謎。しっかり者のふうちゃんに対して、ちょっと頼りないハルさん。男手ひとりで、子供を育てていくことの大変さ。ふうちゃんのことを想うと、時に空回りしてしまうハルさんですが、謎が解けることで、娘を理解し自分も成長していくのです。

そんな二人の姿を見てきただけに、結婚式でのラストシーンではホロリとさせられました。素直に気持ちが優しくなれる一冊です。

ただ。ハルさんの気持ちに共感できるか、と言うところで好みが分かれそうです。ふうちゃんの一挙一動にあたふたするハルさんに、正直一歩引いてしまうところがあります。なんと言いますか、いつまでも子離れできないてないようで。

それは、父親に求めるものの違いからくるんでしょうか。あとがきによりますと、著者の藤野さんは、子どもの頃苦労なされたようです。その反動がハルさんというキャラクターに現れているそうです。たぶん、自分が男なのでちょっと違うんじゃないかな、と思ってしまうわけです。

「よつばと!」じゃなくて「Papa told me 」なんだろうな。違うか。

ハルさん (創元推理文庫)

ハルさん (創元推理文庫)