酔眼読書漂流記

読んだ本の紹介と感想などを、酒を片手にゴソゴソと綴っております

その女アレックス/ピエール・ルメートル

なかなか高評価の一冊。いろいろなところでベストテンの1位に輝いている。

アレックスが何者かに誘拐監禁されるところから物語は始まる。殺意を持った誘拐犯に怯える彼女と、捜査に当たるパリ警視庁警部カミーユの二つの視点からの描写で話は進んでいく。何者かと書いたが、実は誘拐犯は登場人物にちゃんと記載されている。そして、物語上でも早い段階でわかり、ある意味誘拐事件は解決する。この物語の謎は、アレックスはなぜ誘拐され、そして彼女は何者なのか、ということなのだ。

未読の方の興を削ぐので詳しくは書けないが、第二部から急展開。この物語はどこに着地するのか、読み進めていくにつれ戸惑う。謎の女アレックス。彼女の行動のすべてがわからない。わからないがゆえに惹かれていく。それは、彼女の背後に立ち昇る悲しみの影のせいでもあるかもしれない。

カミーユをはじめとする刑事たちも皆ユニークで、カミーユは身長145cmの小男。彼の上司は反対に大男。部下の二人は大金持ちのボンボンと、どケチの貧乏人というこちらも相反する二人。そこに敵役とも言えるエリートで融通の利かない嫌味なやつとして描かれる判事。彼らのやり取りは、重くなる物語の雰囲気を、時に和ませる。カミーユ自身も数年前に妻を誘拐事件で亡くしているという過去を持つ。その傷から未だ言えていない彼は、最初は嫌々ながら事件を担当する。この物語は彼の心の葛藤の物語でもある。彼らの存在が、そしてアレックスが彼の気持ちを徐々に変化させていく。

ただ、謎解き編と言える第三部が少々冗長と感じる点も。ここには名探偵という存在はないので、切れ味鋭い推理で解決するわけではない。あるものは状況証拠のみ。取り調べ室の攻防で少しずつ真相が明らかになるのだが、このあたりがどうもまどろっこしい。第二部の終盤で、アレックスのやろうとしていることが、読み手としては見えてきているでなおさら。

しかし、である。そこも作者の計算なのであろう。それはアレックスという女を知るために。物語の結末を納得させるために。

人によっては、もやもやした終わりかただし、真相を知っている読み手からすれば、警察側の負けとも言える。そこで最後の、まるで全てを見透かしているかのような、一言が素晴らしい。そして、このセリフが敵役の判事のものだというのが、なんとも憎らしい。アレックスの物語を締めくくるにふさわしい言葉である。

その女アレックス (文春文庫)

その女アレックス (文春文庫)

どうでもいい追記。アレックスといいカミーユといい、どうにもあれを想像しちまうんだが。