読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔眼読書漂流記

読んだ本の紹介と感想などを、酒を片手にゴソゴソと綴っております

Kindle Paperwhite購入顛末

Amazonプライム会員になって、Kindleを割引価格で購入

ついにKindleを買うことを決意。今年の自分への誕生日プレゼントという口実で。

Amazonのプライム会員になると、Kindle代が4,000円オフになる。プライム会員の年会費が3,900円だからプラスマイナスゼロ。ならば、そのまま買うよりプライム会員になって買った方がお得ってことだ。見方を変えれば、プライム会員代はタダってことになる。

まずは会員登録。次にKindleの購入へ。と思ったところ、思わぬ落とし穴。なんとクーポンが使えない。Amazonのヘルプを見てみると、

クーポンコードが利用できるようになるまで3~4日程度かかる場合があります。クーポンコード適用時にエラーメッセージが表示される場合は、4日後に改めてお試しください

ってことらしい。ナンテコッタイ。たかが4日。されど4日。お預け食ってガックリ。

 一晩明けて

そんな状況が前の晩のこと。朝になって試しに確認したら使えるようになっていた。昨日の時点で、プライム会員代の処理が確定されてない状態だったので、それが原因だったか。支払いが確定次第使えるってことだろうか。ちなみに、プライム会員の無料お試し期間では、このクーポンは使えない。

 Kindleが来たけど、Wi-Fiに繋がらない

Kindleが届いた*1ので、セットアップ。しかし、KindleがAirMacに繋がらなずWi-Fiに接続できない。そもそも、AirMacをKindleが認識していない。ネットでいろいろ調べてみるものの、解決策が見当たらず、詰んだ。

AirMacの設定をいろいろ弄ってみる。結論から言うと、無線モードの問題のようだ。Kindleは2.4GHzのみを使っている。で、うちのAirMacは、5GHzのみのモードにしていた。だから、KindleからAirMacが見えていないってことだったらしい。モードを変更して、無事に接続完了。

 Kindleの使用感

今回選んだのは、Kindle PaperwhiteのWi-Fi版ホワイト、キャンペーン情報なし。上位2機種は金額的に折り合わないのでパス*2。安さで言えば無印のKindleが一番。その差は、解像度と内蔵ライトの有る無し。他の人のレビューを見ると決定的な差でもなさそう。しかし、安さにつられるのもなぁ、という変な見栄でPaperwhiteに決定。

3G付きのは最初から眼中になし。どこでも本をダウンロードできるってのが売りだけど、個人的には意味なし。で、プラス5,000円は高すぎる。

キャンペーン情報付きは、2,000円安い。最初は広告が出るくらいいいかと考えてたけど、レビューを見るとあまり評判がよろしくない。ここは正直迷ったんだけど、あとで後悔するのも嫌なので、キャンペーン情報は無しで。

色は、迷った。好みから言えば黒。歴代のiPhoneはすべて黒。でも、iPad Air2を白にしてみたら、これがなかなかいい。と言うことで、Kindleも白を選択。

しかし、実物のKindleを見て思った以上に小さい。写真はiPad Air2と並べたところ。iPad miniよりも一回り小さいか。文庫本よりは、ちょっとだけ大きい。重さも文庫本と思えば、それ以上でも以下でもない。

質感がちょいとチープかなぁ。実用上は何の問題もないけど、細部の仕上げの精度はそれなりな感じ。

見た目は、まさに紙の印刷物のよう。これ以前は、iPhoneやiPadで、Kindleアプリを使っていた。そのときには気にならなかったけど、比べてみるとKindleの方が目に優しい感じはある。何より、読書しかできないってことが逆にいい。ただし、コミックなんかは、画面が、コミック本と比べて、小さい点もあって、読みやすいとは言えないかも。白黒なので、カラーなものやビジュアル重視なものもKindleには向かないか。

動作速度は速いとは言えない。ページの切り替えに関しては、気にはならない。でも、気に入った文章なんか、メモやハイライトしたい場合、その動作が遅い。メニューが出るのが一呼吸待つ感じ。ここは少々不満な点。

ハイライトだけど、他の人がハイライトした部分を表示するようにできる。どんなところに共感したのかわかるこれって地味に面白い機能だと思う。

肝心の読書するってことに対する性能だけど、これがなかなかに快適。片手だけで本が読めるってのは、どんな状況、姿勢でも読めるってことで、これは紙の本に対する大きな利点だと思う。「読む」ってことだけで言えば、圧倒的にKindleは便利だ。

それとは別に、本は活字データだけじゃなく装丁も引っくるめて本なんだ、って気分は今もある。本棚に並んだ本を眺めるのは楽しいってね。利便性だけを求めるのも、一抹の寂しさがあるのも確か。それでも、と思えるのは、歳とって物の所有欲がなくなったってことが大きいのかも。もう身の回りには、必要最小限のものしか置いておきたくない。

そんなわけで、Kindle Paperwhiteは、新しい読書生活の中心となりそう。これ買ってから、立て続けに本も買ってしまった。自宅にいながら、本が買えてしまうってのは便利だけど、危険でもある。

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

*1:早速プライム会員特典のお届け日時指定を使った

*2:ちなみに、この2機種だとクーポンの適用外