酔眼読書漂流記

読んだ本の紹介と感想などを、酒を片手にゴソゴソと綴っております

2019-01-04から1日間の記事一覧

三つの棺/ジョン・ディクスン・カー

やはりカーは凄い、と思わせるのに十分な一作。トリックに対するパワーが圧倒的。たとえ少々強引な力技でも、不可能状況を成立させてしまうのはお見事というしかない。ミステリ好きにはたまらない、読んでワクワクさせてくれる。 本作には密室からの人間消失…