酔眼読書漂流記

読んだ本の紹介と感想などを、酒を片手にゴソゴソと綴っております

生ける屍の死/山口雅也

たとえ死者が甦るなんてヘンテコなシチュエーションでも、これは間違いなく本格パワー全開のミステリだ。密室トリックや毒殺トリックといった本格ミステリとしてのガジェットをこれでもかと詰め込んだ贅沢な一作。

殺しても死者が蘇ってしまうという状況下で犯す殺人にはどんな意味があるのか? 実はその事自体が大いなる伏線でもありトリックでもあるわけなのだ。自らも“生ける屍”と化したグリンがたどり着いた事件の真相は身震いするほど素晴らしい。もう黙って、著者の仕掛けた罠にはまっちまおう。判ってしまえばなんだそんなことだったのか、と思えるのだが、“生者”である私は見事に騙されました。ひとひねりもふたひねりもした真相に、私は思わず納得。舞台がアメリカだってのもミソだなぁ。

山口雅也は独特の癖があるように思えるのだが、大丈夫これは読んで間違いなしだと思うぞ。

ただ、日本と欧米での死についての考え方の違いか、死体に防腐処理をして葬儀に来た人々に陳列して見せるってのは、どうもグロテスクに思えるんですけどね。