酔眼読書漂流記

読んだ本の紹介と感想などを、酒を片手にゴソゴソと綴っております

月光ゲーム/有栖川有栖

閉じた空間での連続殺人事件。登場人物の中に必ず犯人はいる。手掛りはすべて読者の前に提示されている。そして、読者への挑戦状。もうこれでもかってぐらいのコテコテの本格物なのだ。でも、それだけではない。物語自体もとても素敵な(と言うとちょっと語弊がありますが)お話だと思のだ。

とにもかくにも謎の解明がとても美しい。有栖川作品は、特に”英都大学”物はこのロジックの美しさが信条だと思う。張り巡らされた伏線が一点に収束していく様は、まさに快感なのだ。著者のフェアな精神には頭の下がるばかりだ。

目の前にこれでもかってぐらい手掛かりを残してくれているのに、ちっとも気づかない、気づかせない。マッチが血で汚れていないって手掛かりから展開する推理は何度読んでも圧巻。泣く子も黙る推理の美しさ。推理小説とは、本来こうあるべきだとここで断言してしまおう。最初に読んだ時から、もう一生ついていきますと思ったほどだもの。

もっとも今あらためて読んでみると、ちょいと強引かなって部分もあるようなないような。

しかし、そんなことは問題ではないぞ。もう、純粋に謎解き物語を読みたい人には絶対のオススメなのだ。正真正銘の本格推理がここにある。とは思うものの、結構この手のお話って読み手を選ぶのかもなぁ、とも思うんだけどね。