酔眼読書漂流記

読んだ本の紹介と感想などを、酒を片手にゴソゴソと綴っております

ABC殺人事件/アガサ・クリスティ

ポアロの元へ送られる犯罪を仄めかすの手紙が届きます。そして、その予告通り繰り返される兇行。被害者に共通点を見出すことが出来ず、不明な犯人の動機。ひとつ解っているのは、Aの頭文字の地名で、Aの頭文字の人間が殺され、B、Cと続いていくこと。死体のそばにはABC鉄道案内が残されていること。

クリスティの代表作であり、ミッシング・リンクものの代表作ですね。無差別殺人に見える、全く不明な犯人の目的は何かってのがポイント。容疑者が不明なのはもちろんのこと、誰が殺されるかも不明なのですから挑戦状を送られたポアロも今回は手こずります。

その後に続く他の作家によるもっと刺激的なバリエーションを知ってしまった今読んでみると、流石にその真相にビックリってことはないです。その辺りは「古典」の宿命でしょうか。途中挟まれる三人称の部分も、いかにも怪しい、騙されちゃいけないって感じですしね。

それでも、些細な事実をすくい採って真実を浮かび上がらせるポアロの解決シーンは堂に入ったもの。さすがクリスティ女史、安心して読んでいられます。特に何故犯人はポアロに挑戦状を送りつけたのか。名探偵に挑戦状を送りつけるなんて、それだけで納得してしい気にもしませんでした。実はそこが事件の重要なポイントでもあります。ポアロが明かす犯人の真の意図とは。

読み終えて法月綸太郎氏の解説みるとまた別の感想も。それを知って見方が、ちょっと大袈裟に言いますと180度回れ右。真の主役は誰なのか。そうしてみるとタイトルはダブル・ミーニングなのかな。ミステリとしての面白さはもちろんですけど、物語性の豊かさがクリスティの魅力でもあると思います。