酔眼読書漂流記

読んだ本の紹介と感想などを、酒を片手にゴソゴソと綴っております

こころ/夏目漱石

高校の授業ではいわばサビの部分だけで、全体を読むのはこれが初めてか。知っていた範囲だと色恋沙汰の事件、という側面だけど、もっと深い部分がある。クライマックスに至るまでの伏線。先生とはどんな人物なのか。人を信じることと裏切ること。そして、明治の精神。それを象徴するのが天皇の崩御と乃木希典の殉職か。

今の時代にも通じる普遍的な物がある。だからこそ今でも読まれるのか。確かに面白い。と言うとちょっとニュアンスが違うが。